空想街雑貨店の由来①


こんにちは、空想街雑貨店の絵描き、西村典子です。


今日は前からブログに書きたかった、空想街雑貨店の由来についてお話しします。

ちょっと長くなるので2回に分けて書きますね。



昔はYuni&Nonaっていう活動名を使っていたのだけど。


最近はネットショップ、イベントでは「空想街雑貨店」で活動しています。


というのも。


去年の9月に副業でやっていた小学校の非常勤(通級のサポート的なお仕事をやっていました)のお仕事を辞めました。


小学校4年生の頃から夢見た「絵で食べていく!」というのを実行し始めたんです。


でもね、いくら好きでも家にこもってずっと絵を描くのってできなくて・・・

(大人数は苦手だけど、でも寂しがり屋なんです)


そこでなんかいい方法はないかと探し、


シェアオフィスというのを借りました。


それぞれの得意分野でお仕事をしている人たち。

なんだかとても居心地が良くって。



このオフィスでは


マーケティングとか、ブランディングとか。


あまり意識しなかったことや言葉が飛び交ってて。


いろんな人にお話を聞いてるうちに


Yuni&Nonaではうまく説明できないー!


ということに気づきました。



そこで色々と考え始めたわけなんですけども。


どうして空想街雑貨店になったかというと


まだ長くなりそうなので次回に続きます。



0コメント

  • 1000 / 1000